読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/24文学フリマ参加します!

 自分でも忘れてたんですが、このblogは私の同人サークルのお知らせをする場所でもあったんでした。北海道愛を語るだけのblogじゃない。

 

 というわけで、直前になりましたがお知らせです。

11/24「文学フリマ」に参加します。2年ぶりの即売会参加となります。

「やまいぬワークス」C14 です。

 

頒布物

新刊「さよなら木霊」文庫本 134p 500円(予価)

f:id:HazeinHeart:20141119010854j:plain

2010年に頒布したコピー本「中野さんと僕」の再録と、その続編「さよなら木霊」の二本立てです。現実と妄想の狭間を行く紀行小説。

「中野さんと僕」

 2009年秋、中野さんと僕は、とあるバンドの北海道ツアーを追って五泊六日の旅に出た。現実の旅と空想の対話を巡る中編。

 →中野さんと僕は、webで全編が読めます。試し読みにどうぞ。

   中野さんと僕 - 広川伊砂緒 | ブクログのパブー

 「さよなら木霊」

「中野さんと僕」から5年。

 2014年秋、大和と斉藤は、とあるバンドの北海道ツアーを追って五泊六日の旅に出た。現実の旅と空想の力を慈しむ短編。

 


既刊「淡雪」文庫本 268p 700円

f:id:HazeinHeart:20141119011440j:plain

 業務多忙のエンジニア佐藤令太は十二月の仕事納めの夜、自称「サンタの娘」セッカと出会い、「本物の雪」を見に行く旅に出る。
旅の目的地は北海道。
一日に数本しか走らない小さな列車、キハ53がたどり着く場所とは。
そこで彼らが見た「本当の雪」とは。
ファンタジーと北海道が交錯する、列車旅行小説。

 →amazonでも買えます。淡雪

 

 なんの因果か、北海道を気動車でガタガタ旅行する本が2冊、並びます。表紙も青系統で似てますね。違いがわからなかったら、両方買えばいいと思うよ! 

 あと、「さよなら木霊」のあとがき兼裏話みたいなペーパー?無料配布本?みたいなものを作ろうと思います。こちらは「さよなら木霊」を買われた方に差し上げます。今から作ります。間に合えー!

 では、皆様のお運びを切にお待ちしております。